2017年02月21日

遠くから

2月18日に ご縁頂きまして、
今年2度目のSHOCKに行って参りました。

V列。全体が観られる席。
少し上がっているから、観やすい。
喜んで。あえての。V列。

初回はほぼ見えてないというか、
見ることができなかったんだな。
と思い知りました(笑)

照明、配置、ポジション、それぞれの細かい演技…

もしも、前方で観ることができたとしても、
やはり1回は全体が見える後方…
センター寄りだとなおよし!
な席で観たい!!と改めて思いました。

思いがまとまらず、まだ書けていませんが、
はてなブログにそのうち感想(レポではない)
を書きたいと思います。

毎年観劇していても、
毎年数回は観たくなる。
これはもう中毒だな。
って思うけど、
それだけのものを、光一座長はじめ
SHOCKカンパニーのみなさんが
創り上げているからですよね。

本当に素晴らしく素敵な舞台です。
posted by じんじゃー・りりぃ at 22:56| Comment(0) | SHOCK | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

ルーティーン

今日は成田山へ父母とお参りに行って来ました。
初詣。
毎年、人混みを避ける為にこの時期です。

お札を返し
お参りをし
お札を頂き
鰻を食べ
大判焼きを買い、帰りの車で食べる

これが毎年のルーティーン。

道も同じ道を通る。

だからこそ見えてくるものがあったりもする。

変わらないもの
変わったもの
が自然と見えてくる。

昨年は、色々あって、
この時期に、来年も鰻食べられたらいいな。
という会話をしていたので、
今年も無事にみんなで鰻が食べられて良かったです。
そんな幸せも感じられたりもします。


ルーティーンになることは
良い面も良くない面もあると思います。
レベルの低い部分でのルーティーンは
何も良い変化をもたらさないから…

でも、何か目的があったり、
大切にしているものの為に行う
ルーティーンは、
色々なものが見えてくると感じます。

ルーティーンという言葉で思い出すのは、
光一座長が 舞台 SHOCK に挑む時の姿勢。
ルーティーンにするからこそ分かることがある
というのは、よく分かるけど…
本当に頭が下がります。

そして、お参りが済むと、
”あぁ、SHOCKの季節が来るなぁ”
と思うのも私のルーティーン。
次があることに当たり前など特に無い
エンターテイメントの世界。
ファンとして毎年この気持ちを抱けることは
幸せだと思っています。

今年もSHOCKの季節がいよいよ来る。
とっても楽しみです。


posted by じんじゃー・りりぃ at 17:03| Comment(0) | SHOCK | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

SHOCK DVDへリクエスト

SHOCK DVD

1000回記念公演があり
帝劇以外の 博多座 梅芸 での公演もある。

是非とも今回もDVDを!!
と願わずにはいられません。

ただ、

出演者に大きな変更があり、
二幕も変更が多かった。
と言っても、本筋のストーリーは
変わっていないわけで。

作る側としては
なかなか難しいのかな。
と思います。

何かお客様に対して、
今回発売するにあたっての
スペシャル感が必要ですよね。

2012年はドキュメントだったので。
それはそれは、ファンにとっては
スペシャルでした。

ファンとしては、
演目の変更以外でも
光一さん、カンパニーの皆さんの
演技も進化しているので、
全編をまるっと収録して頂けたら。
と思います。

私からのリクエストとしては、

1000回記念公演の全編、
その後のスペシャルカーテンコールを収録して頂きたい。

CD化されていない、音源をCD化して頂きたい。
サントラとしてCD化することが難しければ、
初回限定でも構わないので、DVDの特典として
入れて頂きたい。

と思っています。

またここからは、長年の夢であり
提案なのですが、

特典映像として、

デトチリしない
ヤラ、またはウチが踊る
ソリタリーを踊って映像化して欲しい。

ソリタリーの後、
最後暗すぎないか?
ジャパネスクがハッピーエンドだからいいんだよ!
という台詞がありますが、

ハッピーエンドのジャパネスクを演じたもの
(つまりは階段落ちがないということになりますが)
を映像化して欲しい。

という2場面に対する夢とリクエストがあります。

大阪公演中の1公演の日かどこかで
収録は難しいかなぁ?
疲れているのに、申し訳ない希望だなぁ。
と勝手に妄想しています。

本来ストーリーに無い場面を映像化するのは
良い悪いの議論があるかと思うのですが、
リピーターが沢山いるSHOCK。
本来はどう演じられるものが、
あのようなデトチリやコウイチを刺してしまう場面
になってしまったかを見ることで、
より深くストーリーに入ることができて、
マニアとしては、たまらないものになって
とてもおもしろいのではないか?
と思うんですよね。

特にジャパネスクのハッピーエンドは
昔から観てみたくてしょうがない。
それを観てからの階段落ち、いや、SHOCK全体を通して
観劇する際に、更に涙の量が増えてしまいそうですが。

観客の想像をはたらかせる余地を残すことも
大切なのだとは思いますが、
1000回記念ということで、
スペシャル特典映像として実現して頂けたら
最高に嬉しいです。

あぁ。このリクエスト実現しないかな(笑)
なかなかいい提案だと思っているのですが(笑 自画自賛)
posted by じんじゃー・りりぃ at 21:30| Comment(0) | SHOCK | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。